【HOMEにもどる】


はじめに

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のメリット

太陽光発電はシャープで


 太陽光発電の発電原理

  発電のシステムにはいろいろありますが、
 現在、水力発電・火力発電・原子力発電の3つが主に使われています。
 いずれの発電も、原理は同じ。水や蒸気の力でタービン(羽根車)を回し、発電しています。

  太陽光発電のシステムの場合、タービンなどの大きな設備は必要ありません。
 シリコンなどの半導体の性質を利用して、発電をします。
 半導体は太陽光があたると、原子が「+」と「-」に分かれます。
 それを両極に分けてあげれば電池の完成です。
 
電池の元となる太陽の光は、無尽蔵でタダです。
 
しかも、発電時に騒音がなく、排出物も出ません。
 このように、太陽光発電は環境に大変よい発電システムなのです。


 シリコンって何

 太陽電池の要となる半導体「シリコン」。
 シリコンとは、いったい何なのでしょうか?
 シリコンは地球上に多く存在する元素で、ケイ素(Si)のことです。
 しかし、シリコンは酸素と結びつきやすいので、ほとんど酸化物(SiO2)として存在しています。
 よくコンピュータ・電化製品で使われるシリコンは、
 ケイ素の純度を99.999999999%にまで高められたもので、
 これに違う種類の物質を混ぜることで、太陽光発電に使用されるN型半導体とP型半導体ができます。
 N型半導体は電子が余っている状態であり、P型半導体は電子が足りない状態になっているので、
 電子が移動し電流が流れるのです。

 

【このページの先頭に戻る】 

太陽光発電のお問合わせは、

TEL 011−616−8000
FAX 011−631−3701
(株)クリーンエナジー

まで、お願いいたします。