【HOMEにもどる】


はじめに 太陽光発電の仕組み

太陽光発電のメリット

太陽光発電はシャープで


 太陽光発電のメリット1 発電した電気を使える
  昼間発電した電気は、まずご家庭の電力として使います。
 当然、その分の電気代はタダ。
 また、発電できない夜間の電気代を安くする、太陽光発電にぴったりな電気料金メニューを利用すれば、
 さらに効率的に電気代を減らすことができます。

 太陽光発電のメリット2 余った電気が売れる
  発電後、使用しても余った電気は、電力会社へ売ることができます。
 しかも、面倒な手続きや作業は不要。
 毎月、電力会社がメーターを検針し、売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。
 これが太陽光発電システムが“貯金箱”といわれる由縁です。

 太陽光発電のメリット3 オール電化と相性抜群
  時間帯別電灯契約(昼間は高い電気料金・夜間は安い電気料金)を利用することで、
 オール電化がますますおトクに! 
 昼間は太陽光発電で電気をまかない、電気の安くなる夜間に電気温水器やエコキュートで
 お湯を沸かしたり、食器洗い乾燥機などを使用すれば経済的です。

 太陽光発電のメリット4 省エネ意識が高まる
  電気をどのくらい発電しているのか、買っているのか売っているのか、
 すべてリアルタイムでわかります。
 (シャープ・スマート電力モニタのみ。※モニタはコンディショナの付属品)。
 自然と電気の話題も増え、ご家族に省エネの意識が高まるでしょう。

※1
 大阪での4.40kWシステムLN440-ND157AR<太陽電池モジュール:ND157AR×28枚(南面設置、傾斜:30°)>
 での予測発電電力量です。
 
※2
 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.243Lとして試算。
 
※3
 CO2の発生量は、火力発電時1kWhあたり0.2kg-Cが発生。
 ただし、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量20gを加味し、0.18kg-Cで試算。
 さらに、林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(平成14年)」による
 50年生のスギ1本あたり1年間に約3.8kgの炭素を吸収するとして試算。


【このページの先頭に戻る】 

太陽光発電のお問合わせは、

TEL 011−616−8000
FAX 011−631−3701
(株)クリーンエナジー

まで、お願いいたします。